Modelmap 開発ストーリー

Excelと財務モデルの関係

Excel というものは非常に便利なツールです。1980 年代に開発されたソフトウェアであるにも関わらず、現代でも多種多様な場面で世界の第一線で利用されています。Excel が最も活用されている場面の1つとして、財務モデリングが挙げられます。財務モデルとは端的に言えばシミュレーション可能な事業計画であり、Excel 内に数式を埋め込んで構築されます。財務モデルは、M&A を含む事業の売買や、投資や資金調達といった資本取引から、事業計画策定や、新規事業開発、予算管理などのオペレーションに至るまで、様々な意思決定の場面において活用されています。特に、発電所の建設や交通・インフラの整備、航空機事業や石油・ガス資源の採掘などの PPP (Public-Private-Partnership) やプロジェクトファイナンスと呼ばれる大規模な資金調達のプロジェクトで顕著に活用されてきました。

(*1) Microsoft Word および Excel version 1.0

労働集約的な性質

創業者である川井と吉村は、2人とも財務モデリングの専門家として多くの財務モデルの構築およびレビューに係ってきました。財務モデルというものは、Microsoft の Excel 内に 1 つ 1 つ数式を埋め込んでいくことで作成されます。似たような会社であっても1つとして全く同じビジネスは存在しないため、詳細なシミュレーションと将来予測を行うためには、1 つ 1 つの事業を全く別のモデルとして1から構築する必要があります。シミュレーションする事業の規模も数百億円から、時には一千億円を超えることもあり、それらを丸ごとシミュレーションするとなると、エクセル上の計算も極めて複雑なものとなります。過去のプロジェクトから 1 つ例を挙げると、エクセルファイルのサイズは 50 MB以上、ブック内のシート数は 38 枚で、ブック内の計算セルの数は 272,754 セル、解析ソフトを用いてユニークな数式セルのみをカウントしても 6,318 セルありました。1 つのプロジェクトの事業モデルを作成するだけで、数百時間を超える作業が必要で、計算のチェックにはそれと同等か、時にはそれ以上に時間が必要です。また、きちんとした財務モデルを作成できるようになるには専門的なトレーニングが必要であり、これに対しても世界中で膨大なコストが発生しています。

(*2) Manhattan, NY にある財務モデリング予備校の受講生

本質的な問題

これらは川井と吉村の2人だけの問題ではなく、世界規模の問題であり、複雑かつ属人的な Excel ワークは今もなお世界中で発生しています。投資銀行とコンサルティング業界だけに限定しても、私たちを含め数百万人の専門家がそれぞれ独自のやり方で Excelワークを労働集約的に行っており、全業種を横断的に見ると世界中の上場企業をはじめ、数千万人の人たちが Excel を使った似たような作業に忙殺されています。白紙のエクセルから属人的に構築された「あの人しか直せないエクセル」が量産され、計算がブラックボックス化されたエクセルが、世界中で溢れかえっています。私たちは、この問題を解決するために Modelmap を設立しました。

Excel は元々複雑な計算を構築するために開発されたソフトウェアではありません。私たちは複雑な計算において Excel を活用することの根本的な問題点は、Excel のインターフェースだという仮説を立てています。Excel のインターフェースの問題点は、①フォーマットが定義されていないこと、そして②データ間のリンクを視覚的に表現できないこと、の2点です。アウトプットとインプットが定義されていないため、Excel 内の計算は使いまわすことができません。また、レビューが極めて困難であるため、変更・修正して利用するよりもスクラッチから構築する方が合理的な判断となります。

(*3) Excel 上で構築された複雑な参照関係

Modelmap Analyzer

私たちは、これらの問題に対処するために全く新しいインターフェースを「Excel上で」構築することに成功しました。財務モデリングのタスクの1つであるレビューに焦点を当て、Modelmap Analyzerは Excel 内でのデータリンクを最も分かりやすく表現するツールとして開発されました。Modelmap Analyzer は、財務モデル内の複雑な数式を構造的に分解し、樹形図の形で表示します。Excel のインターフェースを問題の本質と考えつつ、それでも Excel 上でソフトウェアを開発したことには理由があります。それは、私たちも含め、財務モデリングの専門家全員が Excel を使って日々の業務を行っているという現実があるからです。今までの業務オペレーションを変えずに、また学習コストを最小限に抑えて問題を解決するために、様々な技術を駆使してExcelに寄り添った開発を行いました。結果として、 Analyzer は必要な機能をプロの目線で網羅することができています。Excel の純粋なアドインとして開発されているため、新しくソフトウェアをインストールしたり操作方法を学習する必要はなく、業務で使っているファイルの上ですぐに使用が可能です。数式を分解したいセルの上でボタンをするだけで、セルに紐づく計算過程や入力場所を分かりやすく構造的に表示し、複雑な数式も余すことなく分解して誰もが直感的に理解できるプレゼンテーションを作成します。

Modelmap Analyzer で生成された計算過程の分解図

その先へ

Modelmap Analyzer はレビューに特化したツールですが、これから財務モデルの構築に特化したツールについても開発を進めていきます。私たちが最終的に目指すのは財務モデリングそのもののオープン化です。私たちが開発した新しいインターフェースを用いて、様々な業界や事業の計算構造をリポジトリとして蓄積し、計算そのものを透明化した上で再利用できるようなプラットフォーム ModelHub の構築に取り組んでいきます。Modelmap Analyzer について詳細を知りたい方、財務モデリングについてトレーニングを必要とする方、Modelmap そのものについてご興味をお持ちの方は、admin@modelmap.co へお問い合わせいただくか、各ページ右下にあるチャットフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。

画像引用元

© 2019 Modelmap Co. All rights reserved.